何年前からでしょうか
「婚活」という言葉が流行りだしたのは。
もう少し早くこの言葉が流行っていたら、私の結婚ももっと早かったかもしれません。

私は現在アラフィフ世代で、結婚はギリギリ30代後半にしました。
20代後半になれば、自然に結婚できると信じて疑わなかったのに
気がつけば30歳になっていました。
これではヤバイと、とりあえず合コンをしまくる日々でした。
そう、昔は婚活なんていう言葉がなく、結婚相手を見つけるのはもっぱら友人の紹介頼みでした。

それでも34歳までは合コンのお声もよくかかり、あちこちへ出掛けては色々な出会いもありました。
また冷やかし半分でお見合いパーティーなどにも出掛けましたが、ほぼ毎回カップルになることができていたので、ちょっと調子にのっていたのかもしれません。
合コンで出会った人とも、パーティーでカップルになった人とも、結婚を前提とした付き合いには至らず、気付けば私は36歳になっていました。

35、36歳くらいをすぎると、パタリと声が掛からなくなります。
それはもう怖いくらいに。
そこで初めて気がつきました。
女性は34歳までが勝負だったのだと・・・
その後、お見合いパーティーでも良い出会いはなく、合コンをすることもなくなり、結婚を諦めかけた30代後半に、現在の夫と仕事上で知り合い結婚することが出来ましたが、これは本当に運がよかったのだと思います。

現在アラサー世代の方は、ぜひ34歳くらいまでに真剣に婚活に向き合った方が、お相手と出会える確率は上がると思います。出会いの多さは成婚率に繋がります。
そして私のように調子にのって数だけ出会ってもダメで、真剣にお相手を探すというスタンスが大切だと思います。
そしてアラフォー世代の方も、私のような例もありますから諦めずに婚活をがんばって欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です