着々と進むジャイアンツの補強

昨年、一昨年と優勝を逃した読売ジャイアンツの補強が着々と進んでます。

まずは先発投手として北海道日本ハムファイターズから吉川投手をトレードで、横浜DeNAベイスターズから山口投手をFAで獲得、そしてただでさえそうの厚い中継ぎ投手として福岡ソフトバンクホークスから森福投手をFAで、そして外野のレギュラーとして北海道日本ハムファイターズから陽岱鋼選手をFAで、そしてアメリカからは2013年の楽天初優勝に大きく貢献したマギー選手を獲得、これで来シーズンへの準備は磐石と言った感じです。

一方、こう言った補強のやり方には若手が育たないと言った大きなデメリットも生じて来ますが、長シーズンを戦っていく上で、レギュラーを休ませながら若手を起用し、少しずつ成長を促して行けると言ったメリットも逆に生じます。

何はともあれ伝統のある球団でしかも勝利を義務付けられていると言っても過言ではない故、若手を積極的に試合に起用すると言った事が出来ないと言うのもわからないでもありません。

高橋由伸監督2年目のシーズン、最後には宙を舞ってる姿を見たいと言うのがやはりファン心理なのかなとと言う気もします。