夜中に暴飲暴食をして後悔

休みの日に撮りだめていたドラマを見ようと、お酒やおつまみにするスナック菓子をたくさん買ってきました。休日だったので昼過ぎに起きて活動していました。夜ごはんはいつも行くカフェで軽くすませました。

次の日も休みなので、時間を気にしないでドラマをずっと見ていました。その時に、大量に買ってきたお酒やおつまみを飲んだり食べたりしながら見ていました。気がつくとお酒はそこそこだったのですが、スナック菓子が何袋もあいた状態になっていました。せっかく夜ごはんを軽くにしたのに、これでは意味がありません。

しばらくは節約をかねてダイエットをしようと思いました。気を抜くとすぐに体重が増えるので、食べたあとは後悔してばかりです。しかし、常にダイエットといっている気がするので結果がでてないのかなと思います。今回こそはダイエットを成功させるために、運動をしようと思いました。以前挫折してしまったジムにまた入会しようか考え中です。

ここ最近自炊が楽しいんです

最近自炊が楽しみになって外食の回数がすごく減ったんです。ウチはわたしと娘2人家族だから外食は高くつくという感じではなくよく利用してました。家族3人4人くらいなら外食は高くつんでしょうけど、2人きりだから外食で家計が圧迫されることもなくよく利用してました。

それがここしばらく外食より自炊が好きになって・・・。というのも、わたしが作った料理を娘が嬉しそうに食べてくれるから嬉しくって!わたしはとても単純な人間。自分が作った料理を美味しい美味しいと言って完食してもらえるとどんどん作りたくなるんです。

今まで作ったことがない料理にも挑戦したりしてこの頃自炊を楽しんじゃってます。自炊をすると当然買い物に行く回数が増えますがそれもまた楽しい。ここのところ野菜の値段が安定しているから買い物していても野菜を買うストレスがないんです。健康管理のためにも、自炊はこれからもどんどんやっていく予定です。

ポジティブ思考で婚活する

結婚したい願望が強くなってくると、男性であればとにかく彼女が欲しい、お付き合いしたい、デートしたい、そんな気持ちになります。30代にもなって女がいないというのは実に寂しいことであり、自分に魅力がないのか、とネガティブになってしまうこともあるでしょう。とはいえ、そんな気持ちを持つと、ますます異性に対して積極的になることはできないので、ポジティブ思考を持つ必要があります。そして婚活するために努力することができるでしょう。婚活は30代で真剣に始める人たちが多く、それだけに同じ年頃の相手を見つけやすいとも言えるかもしれません。婚活で成功するための秘訣の人ひとつは、とにかく結果を恐れずにアタックしてみることです。やってみないと、相手の反応などわからないし、押せばそれに応じて反応してくれることも少なくないのです。仮にダメでも尾を引かないようにし、次の恋を探すのです。

アラサー女子の婚活事情

そろそろ結婚したいなーと思うようになったのは28歳の頃です。当時お付き合いしていた彼氏は貯金なく、仕事もふらふらしており結婚相手には不向きといえる相手でした。喧嘩も多かったの結局別れる事になり、30代に突入。30代なったにもかかわらず、次にお付き合いしたのは5歳年下の男の子でした。男ならまだ結婚など到底考えていない年。案の定、それを理由に1年ほどで別れる事になり、本気で焦り出しました。今度はちゃんと結婚を考えられる人とお付き合いしようと思いました。

そこで、条件が分かりやすい婚活パーティーに参加してみました。
はじめにプロフィールを渡されるのでその人の趣味から年収まで簡単に知る事が出来ます。そこで無事カップル成立した人とご飯にいき、何度かお会いしてまぁこの人ならと思いお付き合いが始まりました。しかし、結婚条件には合った人でしたがやっぱり本気で好きになる事が出来ず別れてしまいました。

カレーの具と鯖缶の汁は可能性が無限

最近、カレーにハマっています。
といってもルーは市販のもの、ご飯も普通の白米を使い、何をこだわるかというと、具です。
カレーって何を入れても美味しいって言いますよね。
私は野菜はスーパーやコンビニで買えるカット野菜を使って手抜きしてるんですが、野菜以外の具、すなわち肉もしくは魚をカレーを作る度に毎回違うものを使ってます。
肉なら無難に鶏肉や豚肉を切って入れて火が通るまで煮込むも良し、ベーコンも合います。
魚介類で私が好きなのはホタテとエビ!シーフードミックスを入れても良いです。
また、私はシーフードカレーにする時はとろけるチーズをトッピングし、エビと絡ませてエビのチーズ焼きを食べているような気分を味わうのも好きです。
あと、最近これ良いなと思った具は鯖の水煮の缶詰です。
鯖缶は安く買えるし、水煮の汁はとっておいて別の料理をする時の調味料代わりにも使えます。
私は水煮の汁を使ってスープを作ったこともあります。
カレーの具へのこだわりから始まり、鯖の水煮の汁に無限の可能性を感じ、料理がますます好きになる今日この頃です。

不動産投資でもリスクはあります

不動産投資をする時に必ずしも不動産業という資格を取らないといけないのかと言うと別にそうでもないです。そもそも物件は持っているが任せるということもできたりするわけですからそういう意味においては心配することはないと言っても過言ではないでしょう。

不動産投資というのはなかなか難しいということは間違いないのですがうまくすれば相当に安定した利益をずっと叩き出し続けるということができるので極めて大きなメリットがあるというのでしょう。それはよいことではあるのですが、それでも考えることがあります。

それはどのくらいのリスクがあるのかということです。それだけは注意しておきましょう。当たり前ではあるのですがリスクというのはできるだけ避けられるのであればと投資ということにおいては、避けた方が良いのです。 それはよくよく理解しておきましょう。

久しぶりに実家が恋しくなった

今日、タクシーに駅から、出張先まで乗りました。そのタクシー乗務員さん、まだ経験が浅い様で、都会の道は、まだ、不慣れな様子でした。まあ、急がないし、気さくそうな運転手さんなので、色々と話を聞いてみると、タクシー業界に転職したみたいでした。何か、別の業種から転職したみたいでした。横に置いてある地図は少し、使いこなした感じがして、頻繁に見るわけではなかったです。地元は何処と聞くと、秋田県で、大学までは実家通いで、就職を機に都会に出てきたそうです。でも、何らかの理由で転職したのでしょうね。

流石にその理由は聞きませんでした。私も実家は秋田の近くなので、会話の内容は、地元の話ばかりしていました。
タクシーの運転手さんに「有難う」と言って、料金を支払い、車を降りました。運転手さんと会話したせいだろうか。何か、無性に実家の事を思い出しました。この数年、妻や子供のことの事情で、実家には帰れなかったけど、久しぶりに実家に帰り、親を安心させようと思いました。

交際2年の彼と私の出会い

今の彼と付き合ってもうすぐ2年になります。
私は今アラフォーですが、彼との出会いは36歳の時、趣味の場所で。

30代前半には友達に誘われるまま婚活をしていましたが、いまいちしっくりこなくて…。「とりあえず友達から」ではなくて、最初から恋人とか結婚前提で出会うということに対して、何となく気恥ずかしさや構えがあったんだと思います。

だから、趣味の場所での思いがけない出会いというのが良かったです。友達から、ゆっくりと関係を深めていくことが出来ました。
といっても最初は私の一目惚れだったので、好意を隠して友達として近づきました。でも今思えばその過程も楽しかったです。

結局1年程度友達期間を経て付き合うようになりましたが、今も仲良く付き合いは続いています。
諸事情で結婚は考えていませんが、恋人が居るというだけで精神的に安定をもたらしてくれます。

少し変わったジムでの出会い

今はもう別れてしまいましたが、以前住んでいた街では、運動のために通っていたジムでとある男性との出会いがありました。もう私は隣の街に引っ越したのでそのジムに行くことさえありませんが。ジムと言っても会員制のところではなく、区民体育館の中のトレーニングルームでその都度数百円払って行くところでした。

私は週に二回ぐらいそのジムに行って運動をしていたのですが、引っ越す二週間前にとある自分と同世代の若い男性が新しくスタッフとして入っていたのでした。その体育館ではスタッフのプロフィールが壁に貼ってあるのです。顔写真と共に年齢と趣味、得意なスポーツや自慢の筋肉の部位などが書いてあり、なかなか面白いプロフィールでした。

もう一歩で出会い系サイトのプロフィール、といったところでした。その男性は私も好きなマラソンが得意で退会に頻繁に出ていると書いてありました。外見は素朴ながらもさわやかで、一度だけ受け付けでお世話になったことがありました。

引っ越す前に最後にその体育館のジムで運動した後、壁に貼ってあったその男性のプロフィールに書いてあったSNSのアカウントを覚え、駄目元で自宅に帰った後「もう引っ越してしまいますが先日ランニングマシーンで二回走った〇〇です」とメッセージを送り、自分の自己紹介をしました。恐らくもうジムで会うことがないからこそ送れたメッセージだと思います。それがきっかけで何度か食事をしたのですが、その男性はスポーツ留学のようなものをアメリカにしに行く予定だったので、それ以降は連絡もあまり来なくなりました。それさえなければどれぐらいの関係まで発展していたのか今でも少し気になります。

祖母の癌発見と入院と私の思い

祖母が入院することになった。数ヶ月前から脚の不調を訴えていたから心配してたけど、最新の検査結果は悪性リンパ腫、つまりは血液の癌ということだった。しかも、祖母の場合は血液の中に癌が出来ている珍しいケースで進行が早いらしい。今でステージは中期、正直驚きと不安と、でも絶対に大丈夫っていう確固たる自信もあって、心情は複雑。

抗がん剤治療のために早速入院したけど、癌があるなんて信じられないくらい元気。これが入院すると一気に滅入って元気なくなって悪化してしまうんじゃないかと本当に心配。だってもう80代半ばだから。好きなように飲み食いして日々を過ごす方が悔いが残らないんじゃないかな。大好きなビールがお預けってことが一番堪えてたしね。

若ければ、今後の希望を持って積極的に辛い治療にも向き合えるかもしれないけれど、もう80代半ばなら、そんなしんどい辛い思いしなくても、と思う。

でも長生きしてほしいとも思うし、私のエゴかな。とりあえずまだ何も始まってない。離れてるからすぐに会いに行くことも難しくてもどかしい。でも絶対に大丈夫。