毎日アクセスする楽しさがあります

事務の仕事をしていますが、多忙で朝から夜まで働いていて、なかなか出会いがありません。

そこで手軽に出会い系サイトで気の合う人を探しています。

幾つかのサイトを試しましたが、中でもお気に入りはPCマックスですね。

僕が住んでいるのは結構田舎なので、サイトによっては地元の登録女性が1,2人なんて事もあるのですが、PCマックスでは沢山登録されているので、選択肢が多くて良いのです。

プロフィールを見て、ちょっと気になる女性が居たら日記も読んでみて、感想を書き込むと反応があったりして、楽しくて何度もアクセスしちゃいますね。

毎日アクセスしていると、一週間毎に10ptぐらいサービスptが貰えるのも地味に嬉しいです。

比較的若くてノリが良い人が多くて、普通にメールからデートに発展したりするだけでなく、合コンになった事もあります。

気軽に使えて、毎日アクセスする楽しみがあるサイトです。

海外で人気のアプリ Tinder

最近海外で大人気のアプリ、Tinder。昔は、インターネット上の出会い系は危ないとか、避けられていたと思うのですが、今では当たり前になってきました。Tinderのいいのはもちろん出会い系として会うことも可能だけれど、ただ写真をみて気に入った気に入らないと振り分けるだけでも楽しいのでいい暇つぶしになります。私は、このTinderを利用して彼氏を見つけました。私の知り合いも何人もこのTinderで彼氏や彼女を見つけていました。

もちろん、性行為だけが目的の人もいるので要注意ですがそういう人は、会う前にメールでやり取りしていたら結構すぐにわかります。また、もちろんですが家で会うのはさすがにちょっと危ないので最初の何回かは公共の場で会うがいいと思います。外国人も多く利用しているので、外人の彼氏がほしい人はぜひ試してみてください。出会い系おすすめアプリTinder、よかったら使ってみてください!

これは私が実際に経験した恋愛です

私と彼の出会いは、五年前の夏。当時フリーターだった私は、新しいバイトを始めました。時給が1200円ととても良く、仕事仲間とも上手くやっており、すごく和気あいあいとした職場でした。ある日、仕事場に行くと、30前後の知らないいかつい男の人がいました。「誰だこの人」と思っていると、オーナーの後輩だということがわかりました。強面だったので、人見知りの私はあまり絡むこともなくその日は終わりました。

その後、仕事場に行く度に、その人(以下T)がいることが多くなり、周りの子たちともすごくよく喋っていて、悪い人ではないんだなぁと感じたことを覚えています。Tはオーナーのお手伝いとして、働くことに決まったらしく、その後毎日仕事場にいるようになりました。あまり絡むことがなく1ヶ月すぎたある日。「自分、地元××なん?」とTが喋りかけてきました。喋っていくと、Tと地元が同じで実家が車で5分くらいなこと、わたしのおじいちゃんの職場で働いたことがあっておじいちゃんと面識があること、好きな食べ物嫌いな食べ物が一緒などあらゆる面で共通点があることがわかり、その日から急激に仲良くなっていきました。

ある日、仕事の帰りにTが私を家まで送ってくれたときに、車を止めて外で喋っていると、「飴ちゃんいる?」と聞かれました。「ほしい!」と私が答えると、その飴をTが食べてしまうので、「欲しいって言ったのに!!」と笑っていると、「欲しかったらとってみ」と口から飴をチラつかせて私に言いました。その当時、わたしはだいぶTのことが好きで、「そんなこと言うとほんまにちゅーするでー」と笑いながらちゃかすと、Tはわたしにキスしました。その日からわたしたちは付き合うことになりました。しかし、長くは続かず、Tが既婚者だったことを知り、彼のセフレみたいになっていたため不倫はごめんだと、すぐに終わりを迎えました。共通点が多く、運命だと信じていたわたしはすごく落ち込みましたが、今は既婚者じゃない違う人と付き合っていて、とても幸せです。

脳トレ本以外で脳を鍛える方法を探し中

先日、本屋さんで「川島隆太教授の脳力を鍛える150日数字パズル」を見かけたのでちょっと手に取ってみてパラパラと中を見てみました。

1日1問という感じに解いていくものでした。

一つ疑問だったのは、計算や点つなぎは時間をかければできると思うんですけど、苦手な数独や変な数字のパズルはどうやっても解けなかった場合はどうするんだろうということでした。

その日は飛ばすんでしょうか。それについての説明が何もないのが少々不親切だなと思いました。

そんなことが気になって結局買いませんでした。

新聞の広告で気になってた本だけに実際に手に取ったらちょっとガッカリしました。

逆にAmazonなどでポチ買いしなくてよかったです。

やはり本は一度は中身を見てから買いたいですね。

前頭前野が衰えてると怒りやすかったり、すぐ泣くと雑誌で読んだことを思い出して、どこか今の自分に当てはまってるように感じてます。

そのために脳トレの重要性に気付いていろんな本を見てるのですが、一番いいのは小学校の算数や中学の数学なのかなとも思ってます。

正直、算数や数学はものすごく苦手でした。でも、大人になった今、改めてやりなおしてみようかと考え始めてます。

ATAOの長財布を買いました

ずっと気になっていたATAOの長財布をついに買いました。送料込みで3万円以上するので、実物を見ずに買うのにはちょっと勇気がいりましたが、とにかく写真を見たときに一目惚れしてしまって、どうしても欲しくなって仕方がなかったのです。

それで、色が3種類あったのですが、私はブルーベースなので、ブルー系が似合うので、シャルトルブルーの長財布にしました。他にはボルドーとイエローがありましたが、私はブルーベースでイエローベースではないので、イエローはやめておいたほうがいいだろうと思ったのです。

お財布は明日到着予定で、午後4時から6時の間に届くようにセッティングしています。

実際にお財布を下すのは新年になってからになると思います。お正月から新しいお財布を使ったら気持ちがいいと思うのです。自分へのクリスマスプレゼントとして買ったのですから、クリスマスまで開けずに待っておくこともできるのですが、やっぱりすぐに開けてみてしまうでしょう。イタリアンレザーということなので、どんな手触りなのか、今からすごく楽しみにしているのです。

着々と進むジャイアンツの補強

昨年、一昨年と優勝を逃した読売ジャイアンツの補強が着々と進んでます。

まずは先発投手として北海道日本ハムファイターズから吉川投手をトレードで、横浜DeNAベイスターズから山口投手をFAで獲得、そしてただでさえそうの厚い中継ぎ投手として福岡ソフトバンクホークスから森福投手をFAで、そして外野のレギュラーとして北海道日本ハムファイターズから陽岱鋼選手をFAで、そしてアメリカからは2013年の楽天初優勝に大きく貢献したマギー選手を獲得、これで来シーズンへの準備は磐石と言った感じです。

一方、こう言った補強のやり方には若手が育たないと言った大きなデメリットも生じて来ますが、長シーズンを戦っていく上で、レギュラーを休ませながら若手を起用し、少しずつ成長を促して行けると言ったメリットも逆に生じます。

何はともあれ伝統のある球団でしかも勝利を義務付けられていると言っても過言ではない故、若手を積極的に試合に起用すると言った事が出来ないと言うのもわからないでもありません。

高橋由伸監督2年目のシーズン、最後には宙を舞ってる姿を見たいと言うのがやはりファン心理なのかなとと言う気もします。